ジニアス記憶術の効果

川村明宏博士のジニアス記憶術について、効果を詳しくレビューします。脳波活性化音源や自己催眠音源の特典付きです。
 

2013年07月07日

ジニアス記憶術の内容6〜第5章

ジニアス記憶術の第5章は、実践ステップ2としてリピートトレーニングとイメージ記憶力トレーニングを行います。

リピートトレーニング


リピートトレーニングは忘れないうちに反復することで記憶の定着を図るものです。
リピートトレーニングでは次の2つのことを行います。

1.眼筋強化トレーニング
training4-1.jpg
2.文章なぞりトレーニング

2つとも眼を左右に、上下に速く動かすものです。
1は記号を追い、2は文章を追います。
このトレーニングで、脳の処理スピードがアップします。

なぜ眼を速く動かすことで脳の処理スピードが上がるのか?
それは、人間の脳には、瞬時に現れては消えていく情報には消える前に把握しようとして処理速度を速くさせる性質があるからだ、そうです。


イメージ記憶力トレーニング


イメージ記憶力トレーニングは、右脳を使ったイメージ記憶ができるようになるためのエクササイズです。
右脳は左脳の100万倍以上の記憶力があると川村博士は言っています。
そのためには右脳の持つイメージ力を活性化する必要があるので、そのためのトレーニングです。

イメージ力を活性化するトレーニングは次の2つのことを行います。

3.色彩組合せトレーニング
色のイメージを分解したり、組み合わせたりして、色に対する情報を脳にインプットするトレーニングです。
training4-2.jpg
taraining4-3.jpg

4.基本形刷り込みトレーニング

形のイメージを分解したり、組み合わせて、基本の形を脳に刷り込むためのトレーニングです。
training4-4.jpg
training4-5.jpg

どんなイメージも色と形で構成されています。
色と形を脳に刷り込むことでイメージする力が養うことができるというわけです。

posted by 三太郎 at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ジニアス記憶術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。